バラエティ

【爆報】比企理恵の若い頃画像!病気はパニック障害で現在は?

2018年7月6日【爆報THEフライデー】に出演する、女優Hこと

比企理恵(ひきりえ)さん

2018年7月時点で52歳なのですが、そうは見えないくらいに若々しい印象です。

若い頃がどんな風だったのか、画像をチェックしてみたいと思います。

また比企理恵さんは現在、日常生活を送る上で不便を感じる病気にかかっているんだとか。

今回は、日々「パニック障害」と向き合う比企理恵さんについてみていきます。

スポンサードリンク

比企理恵のプロフィール

まずは、比企理恵さんのプロフィールをチェックしてみましょう。

名前:比企理恵(ひき りえ)

本名:中越 理恵子(旧姓が比企)

生年月日:1965年10月10日

出身地:東京都

かの有名な「ホリプロスカウトキャラバン」の第4回(1979年)で優勝。

「昭和40年生まれのアイドル第1号」と呼ばれ、歌手デビューの後女優となりました。

80年代テレビドラマに多く出演し、舞台やミュージカルでも活躍しています。

プライベートでは2010年に舞台美術家である中越司さんと結婚していますが、お二人は高校の同級生だったようです。

比企理恵の若い頃【画像】

比企理恵さんの若い頃はどんな感じだったんでしょうか?

歌手デビュー曲「愛のローラーブーツ」で歌う比企理恵さんの動画や、デビュー当時の画像を発見しました!

ショートカットがよく似合っていて、とても愛らしいですよね。

若い頃から目がキリっとしていて、実年齢より大人びて見られることが多かったのではないでしょうか。

1983年頃には少し髪を伸ばし始めて、アイドルらしさがアップしてきたみたい。

そしてかわいい姿とはうって代わって、1984年のドラマ【不良少女と呼ばれて】では、比企理恵さんの鋭い目つきがハマり役の山吹麻里を演じました。

うーん、19歳とは思えない迫力!!

なんていうか、若い頃から大人びた人ってある程度年齢を重ねると老けなくなる気がしますw

現在の比企理恵さんは、とても50代とは思えない美しさです。

スポンサードリンク

比企理恵の病気はパニック障害で現在は?【爆報THEフライデー】

2018年7月6日の【爆報THEフライデー】では、比企理恵さんが自身の病気と現在の生活について語ります。

実は、28歳頃から比企理恵さんはパニック障害に悩まされてきたんだとか…

症状が起こり始めた頃から、少し具体的に紹介します。

比企理恵が苦しんだパニック障害とは…

ある日強烈な動悸が比企理恵さんを襲い、頻繁に処かまわず起こるようになりました。

「どこで起こるか分からない」という不安もあったのでしょうか、出かけることが怖くなってしまったといいます。

また、夜眠っていても激しい心臓の動悸が襲ってくるので、比企理恵さんは今度は眠れなくなり、病院を受診した結果「パニック障害」との診断を受けました。

診断後も、眠れないからと睡眠薬を貰ったものの結局眠れず、「薬が効かない」ことが不安で症状が酷くなることも…

毎日死ぬことを考えていた時期もあったようです。

その後、知人に「気分転換と思って、神社でもお参りしてみたら」という勧めを受け、比企理恵さんは神社へお参りすることに。

「神社詣りで良くなるわけがない」と半信半疑だった比企理恵さんですが、神社に行くとすがすがしい感じがして、深く呼吸すると爽快な気分になったんだとか!

そして、お参りをした夜は薬を飲まずに眠ることができたと語っています。

比企理恵の現在は…

それ以降、ひとつひとつ神社を巡る度に比企理恵さんの症状は軽くなっていき、7年という歳月をかけてパニック障害を克服されたそうです。

精神疾患の治療というのは「これが間違いなく効きます!」という薬があるわけでもないですし、治し方も人によって千差万別だと思います。

自分にとって「これがわたしに合った癒しで治療法だ」というものが見つかるまで、本当につらいものです。

比企理恵さんにとっての癒しが神社巡りだったということで、現在では「神社ヒーリング」と名付けられライフワークの一つとなっています。

今回は、突然の病気に見舞われながらも、自身の治療法を見つけパニック障害を克服した比企理恵さんについてでした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました☆

スポンサードリンク