バラエティ

【有吉反省会】エヴァンス未希の嘘。ハーフ風日本人の英語力が面白い

テレビを見ていると、本当にハーフタレントさんが増えたなーと思います。雑誌の読者モデルもハーフの子が多くなってきているし、人気も凄まじいものがあります。

そんなハーフタレント人気に乗っかって(?)

ハーフ「風」タレントという新ジャンルが生まれようとしているのをご存知でしょうか?

エヴァンス未希さん。

外国人ぽい名前していますが、嘘です。芸名ですww

ハーフ風タレントを目指している純日本人、エヴァンス未希さんをご紹介します。

エヴァンス未希さんが、ハーフとしてやっていくための英語力や、キャラの面白さについてもお伝えしていきますね!

スポンサードリンク

エヴァンス未希「ハーフ」は嘘と『姫carat』

エヴァンス未希さんは、神奈川県出身の1996年4月16日生まれ。

正直、体型が思いっきり日本人ですし、濃いけどハーフっぽいとまではいえない顔立ちですね。

【ゴッドタン】に出演し、おぎやはぎさんとの絡みが面白い「ハーフもどき」として知名度が上がったエヴァンスさんですが、

以前は、『姫carat』というガールズバンドのメンバーでMIKIと名乗っていました。

当時17歳でしたが、なにやら「不適切な行動があったため脱退」したようです。未成年飲酒という噂もありますが真相は謎です。

未希というのは本名なんだろうな、と思いますが、エヴァンスという芸名は、海外ドラマ【glee】のサム・エヴァンスからつけたのだそう。

未希さんの好みのタイプなのかもしれませんね。

純日本人・エヴァンス未希が「ハーフ風」を目指す

テレビ番組などではハーフもどきといわれていたり、ハーフ風タレントを目指しているというエヴァンスさん。

そのきっかけとなり、ハーフ「っぽさ」を印象付けるための手段になっているのが、エヴァンスさんが海外留学で培った英語力。

『姫carat』を脱退し、高校を卒業したあとオーストラリアに1年留学をしました。なので、日常会話におよそ差し支えないくらいには英語を話せると思います。Twitterでも、ハーフ風としての振る舞いをしています。

それだけでなく、エヴァンスさんは元々、人見知りをしないオープンな性格。特技にも「外国人とすぐ仲良くなる」とあるくらいです。そんなところもハーフ風を更に高めているのではないでしょうか。

エヴァンスさん、意外と(?)自分のことをよく分かっている人なのかもしれません。

スポンサードリンク

エヴァンス未希の英語力を生かした話し方が面白い

エヴァンスさんのもう一つの特技が

海外ドラマ風話し方や外国人が話す時のリアクションのモノマネ

それを生かして、日本語を英語っぽく発音して話すのがとても面白いです!!

「隣の客はよく柿食う客だ」

「隣のkyakuはよくkakiqoo cakuだ」

みたいになっちゃうんです。もはや、「ハーフタレントの真似をする芸人」とか言われてしまわないか心配w

2017年11月25日は【有吉反省会】での禊の後に、注目のきっかけになった

【ゴッドタン】にも再登場する予定のエヴァンス未希さん。

どんなフレーズを英語「風」にするのか、どちらの番組もとても楽しみですw

ハーフ「風」タレントの需要はよく分からないけど、エヴァンス未希さん、なんだか応援したくなっちゃいました。

最後まで見てくださってありがとうございました☆

スポンサードリンク