バラエティ

【爆報】岸田一郎は現在病気(糖尿病)で嫁は?年収と裁判もチェック

「ちょいわるオヤジ」というフレーズで思い浮かぶのは、パンツェッタ・ジローラモさんという方も多いかもしれませんが、そもそもその言葉を生み出した人物をご存知でしょうか?

『LEON』や『Begin』などの男性向け雑誌の創刊編集長をなさっていた、岸田一郎さんです。

そんな岸田一郎さんが、2018年4月13日放送【爆報THEフライデー】に出演するんです。

今回は、気になる現在の岸田一郎さんについて調べてみました。

どうやら病気を患っておられるようで、「バブル期のツケが回って糖尿病になった」とのことですが、看病などをしてくれる奥様(嫁)はいるんでしょうか?

また、検索キーワードに「裁判」というフレーズもあったので、そのあたりも併せてチェックしてみたいと思います。

スポンサードリンク

岸田一郎の現在は病気!嫁はいない?

冒頭でも紹介したとおり、岸田一郎さんは『LEON』などの編集長を過去にしていて、2005年・流行語大賞にもノミネートされた「ちょいモテオヤジ」という造語の生みの親です。

他にも、『zino』という雑誌では、「洒落金男(リッチーノ)」や「野暮金男(ヤボーノ)」などの造語を新たに生み出すなど、アグレッシブな方のようです。

そんな岸田一郎さん、現在病気をされているようです。

以前のブログではこのように語っていました。

ワタクシ、この1年で体重を減らしました!
(69.5kgが60kgを切るくらいに!)
理由は、人間ドックの再検査で
糖尿病予備軍だったからです。

これが、2016年のこと。

糖尿病予備軍の段階で、気を付けて減量をしていたようですが、リバウンドしてしまったんでしょうかね?

そのあたりも、今回の【爆報THEフライデー】でお姿を見たりして確認したいと思います。

分かり次第追記していきますね!

しかし、病気になると実際に生活で不便が生じることもそうですが、なんとなく心細くなりますよね…

岸田一郎さんは結婚されていて、お子さんもいらっしゃるとの情報がありましたが、どうやら一般人のようで、詳しいことは分からず…

次項に書きますが、女性関係トラブルもあったので、現在も結婚関係が続いているのかどうかも定かではない印象です。

おしゃれで陽気なシニア世代って、何気にモテそうですしね。

岸田一郎の年収が気になる!裁判とは?

岸田一郎さんのお写真を見ていると、やはりいつもコンシャスでおしゃれだなという印象がありますよね。

こういうのってお高いんじゃないの??

そこで、今度は岸田一郎さんの年収について調べてみました。

その昔、フジテレビ「笑っていいとも!」で「ちょい不良おやじコンテスト」というコーナーがあって、ジローラモさんがレギュラー出演していました。

これも、岸田一郎さんのメディア戦略の一つとみられ、雑誌広告のコミッションが年間で20億円にまでなったといわれています。

岸田一郎さんが手がけた最終号、2006年11月号『LEON』に至っては、その1号だけで5億だとか…

そして、その頃の岸田一郎さんの年収はおよそ2,000万円との情報がありました。

勿論雑誌の広告収益が多いから、だけでなく年齢や肩書的な要素も出てくるとは思いますが、ほぼ間違いないのではないでしょうか。

そんな地位もお金もあり、編集者という裏方ながらテレビに出演していたこともある岸田一郎さん。

トラブルも多々あったようです。

「とある美人モデルと関係を持ったところ、バックから怖い人が出てきて恐喝されそうになったため告訴した」

という内容の記事が週刊誌に掲載されたことがあります。

もしかすると、「裁判」というフレーズはこの話のことを指しているのかな??

しかし、別の週刊誌には真逆の主張が掲載されました。

前述のモデルさんが語っていて、「東京ガールズコレクション(TGC)への出演を確約する代わりに、関係を強要された」というものです。

その後、訴訟合戦は回避されたとの見解がありますが、その後岸田さんはあまりメディアに出演されなくなったように思います。

スポンサードリンク

【爆報】で糖尿病の原因?のバブル期について語る?

今回の【爆報THEフライデー】では、どうやら糖尿病の原因はバブル期に遊んだツケである、と岸田一郎さんは語っているみたいです。

バブル期は、経費についてうるさく言われることがなく、キャバクラで「ドンペリ10本」おろし、それを経費で落とすこともあったんだとか…

凄いな、バブルってww

「20代後半で高級車を乗り回し、好きな女と毎晩遊んでいた」という岸田一郎さん。

なるほど、節制とはほど遠そうな生活を送っていそうで、糖尿病になったのもちょっと納得してしまいそうですw

番組内では、更なる武勇伝も聞けそうで楽しみですね!

最後までお付き合いいただきありがとうございました☆

スポンサードリンク