TVドラマ

【ぎぼむす】主題歌MISHA『アイノカタチ』歌詞と意味・MVをチェック☆

2018年7月10日から、ドラマ【義母と娘のブルース】が放送スタート!

綾瀬はるかさん演じる、岩木亜希子の真面目すぎる(もはや会社勤めのような)義母っぷりがツボること間違いなしです。

原作では、仕事一筋だったバリバリのキャリアウーマンが、結婚相手の子どもの母親になろうと空回る姿が面白いのですが、奮闘する姿に同じ母親として見倣うところがありました!

そんな【ぎぼむす】主題歌は、MISHAとGReeeeNという豪華なコラボアーティストが歌う『アイノカタチ』

しかもアレンジャーに亀田誠治って、もう聴くしかないです!!

今回は、その『アイノカタチ』の歌詞の意味やPVなどをチェックしてみたいと思います。

スポンサードリンク

【義母と娘のブルース】ドラマ主題歌はMISHA

【ぎぼむす】の主題歌『アイノカタチfeat.HIDE(GReeeeN)』、GReeeeNとMISHAさんのコラボは初めてで、どのような楽曲なのか注目が集まっています。

MISHAさんはこれまでに多くのドラマや映画の主題歌を手掛けてきました。

有名なのは、2000年のドラマ【やまとなでしこ】主題歌、『Everything』ですね。

この他にも、2009年【JIN-仁-】の主題歌『逢いたくていま』、2014年【S -最後の警官-】『僕はペガサス 君はポラリス』など…どれもドラマを盛り上げる素敵な楽曲でした。

『アイノカタチ』も、義母と娘の関係が少しづつ変化していくストーリーに欠かせない、演出の一つとなりそうな予感がします!

【ぎぼむす】主題歌『アイノカタチ』歌詞の意味は?

気になる『アイノカタチ』の歌詞についてなのですが、残念ながらまだその詳細は明らかになっていません。

歌詞の意味について、正式に発表されたら情報を追記していきますね。

【ぎぼむす】は家族の絆を描く物語ではありますが、最初から関係が良好というものではありません。

むしろ、綾瀬はるかさん演じる岩木亜希子に対して、横溝菜帆さん演じる宮本みゆきの態度は、ストーリーの最初かなり冷ややかなものです。

みゆきの想いとしては単純に「亜希子が嫌い」ということではなくて、亡くなった母のことを思うゆえなのですが…難しいところですよね。

亜希子の(仕事っぽいけど)真っ直ぐな態度に混乱もするし、受け入れるべきか悩みもする…これは、みゆきに限らず、亜希子もそうでしょうし、竹野内豊さん演じる宮本良一もそうでしょう。

【ぎぼむす】主題歌『アイノカタチ』は、戸惑いながらも形作られていく「家族のかたち」、「愛のかたち」を表すような歌詞なのではないかと推測しています。

「思っているけど口に出来ない」そんな思いを歌詞に綴る印象がある、GReeeeNが作詞を担当。

ハートフルな予感がしますし、もしかしたら福山雅治さんの『家族になろうよ』みたいに、結婚式ソングにもなりうる歌詞かもしれませんね!

スポンサードリンク

『アイノカタチ』のPV公開はいつ?

「アイノカタチ feat.HIDE(GReeeeN)」のPV公開なのですが、2018年8月22日にシングルリリースされることが決定しています。

【ぎぼむす】のストーリーが中盤に差し掛かるくらいですね!

正式な公開日は明らかになっていませんが、こちらもまた情報が分かり次第追記していきたいと思います。

 

ドラマヒットソングの女王ともいわれるMISHAさん、【義母と娘のブルース】もヒットの予感がしますね!

最後までお付き合いいただきありがとうございました☆

スポンサードリンク