俳優・女優

小芝風花は整形でかわいくなった?【画像】性格があざといとの声も…

NHKの朝ドラ【あさが来た】で注目を集め、女優として活躍の場を広げている

小芝風花さん

なにやら以前よりもかわいくなったといわれていて、整形の噂が出ています。

また、性格があざといといわれますが、本当なのでしょうか?

チェックしてみたいと思います☆

スポンサードリンク

小芝風花プロフィール

名前:小芝風花(こしばふうか)

本名:小芝風花

生年月日:1997年4月16日

出身地:大阪府堺市

血液型:A型

小芝風花さんのデビューは2011年14歳のとき、『イオン×オスカープロモーション ガールズオーディション2011』でブランプリを受賞したことがきっかけ。

しかし、元々芸能界に興味があったわけではなくて、小学校3年生から中学校2年生までやっていたフィギュアスケートが影響しているんです。

西日本中小学生フィギュアスケート競技会6級ジュニア選手権で入賞経験もあり、将来は「子どもたちにスケートを教えるインストラクター」を夢見ていた小芝風花さん。

あるとき浅田真央さんがスケート姿で出演していたCMを見かけて、「私もこんなCMに出てみたい」と言いました。

それを聞いていたお姉さんがオーディション雑誌を買ってきて、応募に至ったんです。

このとき小芝風花さんは思いがけずグランプリを獲得し、初めは「スケートと両立出来るかなぁ」と思っていたそうですが、オーディションは全国約3万5000人の中から選ばれたもの。

どちらも生半可な気持ちでやることは出来ないと考えた末に、芸能活動をしっかりやっていくことを決めたんだそうです。

すっごくしっかりした考えの中学2年生ですねww

ドラマで本田望結ちゃんとスケートをすることがあったのですが、スケートを辞めてから2年経っていたものの、勘を取り戻し素晴らしいスケーティングをしていました。

小芝風花がかわいくなったのは整形?【画像】

小芝風花さんは、「以前よりもかわいくなった」「顔が変わった」といわれました。

では以前はどのような感じだったのか、過去の画像と比較してみましょう。

こちらがデビュー当時、あどけない印象と透明感がありますね。

そして、小芝風花さんが全国的に注目されるきっかけにもなり、

第57回ブルーリボン賞・新人賞と第24回日本映画批評家大賞・新人女優賞(小森和子賞)を受賞した【魔女の宅急便】

朝ドラ【あさが来た】の頃から「かわいくなった」と言われだしています。

そして現在。

どうですか?

デビュー当時は、なんだか目も一重で腫れぼったく見えますよね。

それが段々とぱっちりとした目になってきて…確かに整形を疑いたくなるのもわかる気がします。

しかし、顔立ちがシャープになっていってることを考えると、デビュー当時はまだまだ成長途中って感じだったのかなと。

鼻や口元にも違和感がないので、整形ではないでしょう。

なんていうか、「あかぬけた」っていう表現がしっくり来る感じです。

小芝風花さんは「和装が似合う女優」としても有名で、毎年事務所(オスカープロモーション)が行う晴れ着撮影会にもデビュー直後から参加しています。

【あさが来た】で和装したことで、小芝風花さんの魅力が際立ち「かわいくなった」と感じたのではないでしょうか?

あとね、【魔女宅】のときに周囲の掲げるハードルが高すぎたんだと思うww

スポンサードリンク

小芝風花の性格はあざといの?

透明感そのままに女性らしさの増してきた小芝風花さん。

こうかわいいと出てきちゃうのが「あざとい」って声…

まぁ、演技のことや気遣いについて一部「あざとい」って声があるだけなのかな。と思ったのですが、まだまだありました「あざとい」の声ww

でも、なんかネガティブな感じじゃないんですよね。

うーん、かわいいと何しても「あざとい」って言われちゃうのかもしれませんね。

そんな周りの印象とは裏腹に、小芝風花さん自身は自分の性格を

人見知りで負けず嫌い

だと思っているようです。

人見知りは、ぱっと見ただけじゃ分からないものですが、負けず嫌いっていうのは見た目の柔らかい雰囲気からは想像できませんでした。

でも確かに、スポーツをやっている人って競うあう気持ちがしっかりあるから、向上心や上達に繋げていけると思うんですよね。

フィギュアをやっていたってことを考えるとちょっと納得の性格です。

小芝風花さんは、【魔女の宅急便】でキキを演じたときにあの大きなホウキを自由に操れるようになるため素振りをしたんだそうです。

ちょうど、剣道の素振りみたいに…役作りにストイックだなぁと思いました。

負けず嫌いだし、決めたことに一生懸命取り組む努力家な性格なんでしょうね。

スポンサードリンク