スポーツ

福岡大真(福岡筑陽)の出身中学や中学時代の成績は?イケメンだけど彼女はいる?

福岡筑陽学園高校・福岡大真(たいしん)選手。

1994年夏の大会の決勝戦、佐賀商―樟南戦を覚えていますか?

その時樟南のエースでマウンドに立っていたのが、福岡大真選手のお父さんである真一郎さん。

試合は惜しくも負けましたが、そのイケメンぶりから人気を博しました。

そのDNAが息子にも引き継がれています。

スポンサードリンク

福岡大真のプロフィール

名前:福岡 大真(ふくおか たいしん)

生年月日:2001年9月16日

身長:175cm

体重:77kg

出身中学:鳥栖市立基里中学校(但し野球は筑紫野ドリームズに所属)

ポジション:外野手(ライト)、右投げ左打ち

出身は神奈川県横浜市。

しかし父親の仕事の関係で、小中学校は佐賀県鳥栖市の公立小中学校へ進みました。

その後筑陽学園に進学しています。

野球でのスポーツ推薦もあったようですが、本人の希望により一般入試で合格しています。(進学校なので偏差値も高めです)

野球は父親の影響もあり小4からはじめています。

体格的には大きいほうではありませんが、父がトレーナーをしていることもあり、筋トレで鍛え上げた身体はパワーとパンチ力を秘めています。

スポンサードリンク

福岡大真の出身中学や中学時代の成績は?

小学校時代は「原町少年野球」で軟式野球を始めました。

投手や捕手など複数のポジションを経験しましたが、最終的には外野手に落ち着きました。

中学時代はフレッシュリーグの「筑紫野ドリームズ」(硬式野球)に在籍し、外野手として活躍。

2016年には「ホークスカップ」という九州の少年野球チームの大会で優勝しています。

高校1年のときは、身体が細くレギュラーにはなれませんでした。

しかし筋トレの成果もあり、2年の秋の大会では見事6番ライトのポジションを掴み取りました。

九州大会、明治神宮大会でそれぞれホームランを放ち、打率も3割を超え勝負強いバッターに成長。

また守備の面でも親ゆずりの肩に定評があります。

ライトから3塁への送球やバックホームなどは、ホークスの上林誠知選手を彷彿とさせます。

今後ますますの活躍が期待できる選手の一人でしょう。

スポンサードリンク