スポーツ

西雄大(福岡筑陽)の出身中学や中学時代の成績は?ドラフト・スカウト評価も

福岡県の筑陽学園。

昨年の九州大会を制し明治神宮大会においてもベスト4まで駒を進め、今春の選抜への初出場を決めました。

その原動力は3人の投手陣の活躍であることは紛れもないことですが、

今回はその中でもエースナンバー「1」を背負った、西雄大投手にスポットをあててみました。

スポンサードリンク

西雄大のプロフィール

名前:西 雄大(にし ゆうだい)

生年月日:2001年9月30日

出身地:福岡県久留米市

身長:177cm

体重:77kg

久留米市田主丸町の出身で、小1の時から野球を始めてその頃から投手をやっていました。

性格は負けず嫌いで、その気持ちの強さから筑陽の先発を任されています。

そして「2人があとに控えているから思いっきり投げられる」という仲間を信頼する気持ちも持ち合わせています。

身長177cm、体重75kgと決して体格に恵まれているわけではありません。

しかし、秋の大会後ウェイトトレーニングや筋トレで一回り大きくなっているようです。

スポンサードリンク

西雄大の出身中学・これまでの成績は?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

*Ꭶհօցօさん(@shogo__07)がシェアした投稿

西雄大投手の出身中学は久留米市立田主丸中学校。

久留米ベースボールクラブ(GO AHEAD)という少年軟式野球のチームに所属していました。

そのチームでも投手をしていましたが、どういう成績だったかは残念ながらわかりません。

しかし昨年チームは全国大会まで出場していることから、かなりの強豪だったことがうかがえますね。

また、中学時代の西投手の練習を見に来ていた江口監督がそのピッチングを褒められたそう。

そのことがきっかけで、筑陽学園への進学を決めました。

高校に入ってからは、1年のときから控えでベンチ入りすることもありました。

そして、2018年の秋の大会からはエースとして活躍し、先発を任されることが増えてきています。

スポンサードリンク

西雄大のドラフト・スカウト評価は?

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Koheiさん(@kohei2412)がシェアした投稿 -

今はまだプロのスカウトの御眼鏡に適う存在ではないかもしれません。

しかし、夏の大会までに大化けし活躍できれば、育成でのドラフトも期待できるでしょう。

ただ西雄大投手本人は大学進学を考えているようです。

そのため、大学・社会人で力をつけてからドラフト上位でのプロ入りも視野に入れているのかもしれませんね。

スポンサードリンク