スポーツ

池慧野巨(スケボー)がイケメンで読み方は?身長や高校、彼女【画像】

スケートボードがオリンピック種目候補になって、かなり注目を集めていますね!

第2回日本選手権で優勝した、池慧野巨さん

変わったお名前ですね、っていうかどこまでが苗字?って思っちゃいました。

スケートボードってあまりがっちりとした体格というイメージはないのですが、身長はすごく高く見えますね。

今回は、スケボーアジア大会に出場する大注目の、池慧野巨さんについてチェックしてみたいと思います!

スポンサードリンク

池慧野巨の読み方は「いけ けやき」プロフィール

ちょっと変わった読み方をする名前は、最近では随分増えているものの、なんともどう読んだらいいか迷う名前ですよね。
池慧野巨さんは、「いけ けやき」と読みます!

生年月日:2001年4月29日
出身地:和歌山県生まれ(小4まで)大阪在住
血液型:AB型

慧野巨という名前は、「長生きして大きくなる」という願いをこめて、欅(けやき)の木からとったものだそうです。

お父様の建徳さんが、炭焼き職人だということですので、そのあたりも由来に欅を選んだ理由かもしれません。

そして、苗字である「池」との総字画などを考えて「慧野巨」の字を選びました。

池慧野巨さんは、小学校1年生(6歳)のときにスケボーを始めていて、スケボー歴は既に10年以上になります。

家から車で40分ほどのところにあった、スケートパークで滑り始めました。

そして、初の東京遠征で負けたことによって、池慧野巨さんは本気でスケボーに取り組み始めました。

というか、お父様にも火がつきます。

「大会があると聞いて連れて行ったらズタズタにされた」と、息子の為に40坪の庭にスケートパークを作ったんだそうです!

庭広いな!!

そして、それから慧野巨さんは、学校から帰ると真っ暗になるまで練習にあけくれるようになったんだとか。

お父様と二人三脚で、スケボーをやってきたって感じで素敵ですよね。

池慧野巨(けやき)がイケメンで彼女はいる?

スケボーやってるってだけでも、女子的には気になっちゃうものだと思うんですが、加えて身長も高そうな池慧野巨さん。

顔立ちとしては、優しい印象のかわいい系イケメンな池慧野巨さんの画像を見てみましょう☆

ファッション雑誌の表紙みたいで、かっこいいですね。

ちなみに、12歳の頃は髪が長めで、更に可愛い系イケメンだったんですよ!

また、『GOOD4NOTHING』というバンドのミュージックビデオにも、池慧野巨さんは出演していました!

しかしホント笑顔も優しそうですし、モテそうなので、やっぱり彼女がいるのか気になっちゃいますよね!!

しかし、残念ながら彼女がいるという情報は見つけられず…

ただ、個人的には、明らかになっていないってだけでいるんじゃないかと思っています。

顔立ちとしては、優しい印象のかわいい系イケメンな池慧野巨さんの画像を見てみましょう☆

池慧野巨の高校や身長をチェック!【画像】

同じく日本選手権に出場した、伊佐風椰さんは高校名が公表されているにも関わらず、池慧野巨さんの高校についての情報は、見つけることが出来ませんでした。

既にプロとして活躍しているため、出場の際にも所属企業名でエントリーされるからだと思いますが…

プロになったのは、2012年ですので、もしかすると池慧野巨さんは通信制の高校に通いながら、様々な大会に出ていた可能性がありますね!

※追記※

池慧野巨さんの高校は、大阪府の第一学院高校だと判明しました!

池慧野巨さんのスポンサーには、アメリカの大手ブランド『Almost』も名を連ねているということで、その期待の大きさが伺えます。

また、身長についてですが、14歳の中学2年生時には153cmという情報がありました。
あれ?思っていたよりも小柄なのかな??

しかし、男子の成長期ってそれくらいからぐんと伸びていきますからね…あまり参考にならないと思います。

日本選手権での画像を見る限りでは、高いように思いますが、これは隣の伊佐風椰さんが小柄なこともあるのではないでしょうか。

個人的には、トリックの動画などを観た感じ、170cmくらいではないかと推測しています。

スポンサードリンク

池慧野巨のスケボー動画がすごい!!

詳しい技とかは全然分かんないですけど、やっぱりこの疾走感がかっこいいと思います!!

恐怖心ってないのかな…すごいです。

アジア大会への意気込みを聞かれて「どんなんか分からんし…」と答えたり、

そもそも日本選手権の出場も「東京遠い…」とノリ気ではなかったという池慧野巨さんw

そういった自然体というか、今ドキの子っぽいゆるさが、気張りすぎずにスケボーを楽しんでいる感じで応援したくなりました!!

今後も要注目ですね。

最後までお付き合いいただきありがとうございました☆

スポンサードリンク