政治

片山さつきに顔が変・怖いとの声も!若い頃にミス東大はガセ?【画像】

2018年10月、第四次安倍改造内閣において、地方創生担当相兼女性活躍担当相として初入閣を果たした

自民党・片山さつき参議院議員

唯一の女性閣僚として注目も集まっていますが、ネット上では片山さつきさんについて

「なんか顔が変…?」「ちょっと顔が怖い」といった声も聞かれています。

歳を重ねると貫禄が出るとはいいますが、であれば若い頃はどんな感じだったのかも気になってきますよね!

「元・ミス東大」といった噂についても様々なことがいわれているようですので、画像を交えながらチェックしてみたいと思います。

スポンサードリンク

片山さつきのプロフィール

名前:片山さつき(旧姓:朝長(ともなが))

生年月日:1959年5月9日

出身地:埼玉県さいたま市

最終学歴:東京大学法学部

前職:国家公務員(財務省)

所属政党:自由民主党(二階派)

片山さつきの顔が変・怖いとの声が

ネットで片山さつきさんについて見てみると、「顔が変」「怖い」といった意見がみられました。

Twitterの反応はこんな感じ…

片山さつきさんって、目がキリっとして目力が強いですから、「怖い」と感じる人がいるのも分かるような気がします。

また、こんなご意見も…

結構顔が変わって見えるらしく、整形の噂なんかも出ているようですね。

確かに、片山さつきさんの公式ウェブサイトの写真や選挙ポスターを見てみると、その印象はかなり違うように思います。

20代~30代前半にすら見えます!

まぁ、自分の看板となるわけですから、修正や加工は多少仕方ないでしょうけど、もうちょっと素に近くてもよさそうな気もしますね。

また、年齢に反してシワが少ないことや、髪型の変化によってかなり印象が違っていて、そのあたりも「顔が変」「怖い」と感じてしまう理由なのかもしれません。

スポンサードリンク

片山さつきの若い頃がかわいい【画像】ミス東大はガセ?

幼少期から「天才少女」と呼ばれるほどにずば抜けて賢かったという片山さつきさん。

当時難関校といわれていた東京教育大学附属中学校(現在の筑波大学附属中学校)に入学し、そのまま高校にも進学します。

高校3年生のときには全国模試で1位を取り、現役高校生でしかも女子生徒だったことから有名になりました。

本当に勉強の出来る方だというのがよく分かりますね!

そして、勿論進学した大学は東京大学。

しかも法学部だったということですから、まさにエリート街道まっしぐらだったわけです!

そんな片山さつきさんの若い頃が、どんな感じだったか画像を探してみると…

若い頃も現在と変わらず目力ばっちりで、かわいいお姿でした!

片山さつきさんは、もともと頬骨が高いこともあって、痩せすぎではない顔立ちがまた一層かわいいですね。

そして、才女で美人がゆえに、ファッション雑誌『non-no』では「ミス東大」として取り上げられたんだそうです!

しかし、実際に学内のミスコンでは、片山さつきさんがミス東大になったことはないそうです。

というか、当時の東大にはミスコン自体がなかったんです。

実は、『non-no』で行われたキャンパスの特集ページで、「東大に美人の天才がいる」と聞きつけた編集者が、片山さつきさんを紹介する際に「ミス東大」と勝手に銘打ったというのが真相。

要するに、「通称:ミス東大」ってことですね!

東大卒業後、大蔵省に勤め始めた片山さつきさんは、フランス留学をした経験もあります。

雑誌に取り上げられるくらいですから、同僚や留学先でもモテたんじゃないかなぁなんて想像しています。

今回は、片山さつきさんについてチェックしてみましたが、女性閣僚ってやっぱりすごく目立ってきますよね。

今後の発言やその手腕にも注目が集まっていきそうです。

最後までお付き合いいただきありがとうございました☆

↓片山さつきさんについて他にも書いています↓

片山さつきの結婚と離婚は?現在の夫・片山龍太郎と子どもについて【画像】

スポンサードリンク