ニュース

結局どうなったの?吉本のお家騒動

今年世間を騒がした芸能トップニュースが吉本興業のお家騒動

その後報道はパッタリなくなりましたが・・

一体どうなったのか?と、不思議に思っている方も多いでしょう

そこで吉本のお家騒動のその後について、調べてみました

事の発端は?

雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮を筆頭に

吉本のお笑い芸人が闇営業を行っていたことが発覚

反社会的勢力の飲み会に参加し、金銭を受けとっていた問題に対し、

吉本興業は参加した芸人の無期限謹慎を発表

営業を斡旋したとされるカラテカの入江慎也は、吉本から解雇されました

事実上、カラテカの入江慎也だけは芸能界から追放されたのです

「カラテカの入江慎也」の画像検索結果

闇営業について全く会見などを行わない芸人や吉本の態度に世間からは、

不信の声も・・

田村淳はtwitterで

「お金を受け取ってなかった、知らなかったからと言え

詐欺グループの忘年会への参加してしまった行為を深く反省しております」

と、ツイート

もし知らなかったことが事実だとしても、許される問題ではありません

 

そんな時に、宮迫博之と田村亮は2人で会見を開きました

「宮迫博之と田村亮は2人で会見」の画像検索結果

そこで明らかになったのは、

2人はずっと会見を開き自分の言葉で説明したいと吉本に申し出ていたものの

「謝罪会見を開くなら全員連帯責任でクビ」

と、岡本昭彦社長から脅されていたということでした

田村亮は、

「子どもが本当に謝ろうとしていることを止めるのは親ではないと思います。

それを言われて僕は不信感しかなくなってしまいました」

と、涙ながらに心境を吐露しました

 

そこから闇営業問題から、吉本の管理体制について問題は派生

 

吉本の姿勢について疑問を思う人が増えていきました

 

世間で大批判を浴びた吉本の岡本昭彦社長の記者会見

 

吉本批判を受け、岡本昭彦社長も会見

芸人に会見をさせなかったことについては、

「かえって芸人を傷つけると考えた」

と、釈明

 

2人の会見については、

「「一日も早く説明を謝罪をしたい芸人との間で、正しい意思疎通ができず、結果として本人たちに辛い思いをさせてしまった。申し訳ございませんでした」

と、謝罪しました

 

芸人達が闇営業を行った背景には、

吉本のギャラの安さがあるのでは?との憶測も飛び交う中、

ギャラについて会見では、

「会社が9でタレントが1とか、そういうことは全くない」

「平均値で5:5から6:4」と、明かしました

 

しかしこの会見がまた世間の批判を浴びることに

というのも5時間半に及ぶグダグダ会見

いい加減な会見内容や保身に走る姿に、吉本クーデターを生む結果になりました

 

吉本にクーデターを起こした芸人達

社長の会見を見た吉本の芸人達は、次々と動き出しました

極楽とんぼの加藤浩次は、「スッキリ」の生放送で、

「役員が変わらなければ吉本を辞める」

と、宣言

岡本社長の会見については、

「2時間ほどたって、こういった笑いもあるんだって教えられているのか」

と、語りました

 

ダウンタウンの松本人志も、

「僕はちょっと吉本興業にはいたくないかもって言いました。

考えさせてくださいと。こんな会社じゃ絶対ダメだと思うから」

と、発言

 

ギャラの配分についてもおかしいと声をあげた芸人達

吉本芸人のキートンはツイッターで、

「ギャラ 5:5だったのか てことは、

私が海外に約1週間行ったあの仕事は、吉本は2万円で引き受けたのか! 優良企業」

と、ツイート

 

元お笑いコンビ「御茶ノ水男子」の佐藤ピリオドさんも反論

「9:1じゃなく5:5?ほほう。

品川で初単独やった時。445席即完して。グッズも完売して。

ギャラ2000円だったなぁ。御茶ノ水男子2人で4000円。

9割9部9厘:1厘の間違いでは。

それを社員さんに抗議に言ったら仕事減らされて。いい思い出だなぁ」

 

吉本のパワハラ体質が白日の元になりました

 

何も解決されないままの終息宣言

一連の吉本事件については、

明石家さんまが8月11日に終息宣言を行ったことで事実上終息しました

 

吉本は経営アドバイザリー委員会を開催

全ての所属芸人について、共同確認書という

反社会的勢力と関わらないことを約束する契約書をとりかわしました

謹慎処分中であった

レイザーラモンHG、ガリットチュウ福島善成、スリムクラブ、2700

ら11人の処分を解除し、仕事復帰

宮迫博之は明石家さんまの事務所に

田村亮は吉本に残ることが決まりました

 

極楽とんぼの加藤浩次やダウンタウンの松本人志といった大物芸人の動きにより

吉本の体質改善に一時期待も上がりましたが、

加藤浩次は

「僕が発言したことで事が大きくなっているのは、お詫びと謝罪をしたいと思うんです。

ここまで大きくなってしまっているというのは。

ただ、会社が良い方向に向かうことに関しては本当に僕も賛成なんですよ」

と、コメント

松本も同様、体質改善に取り組むと宣言したのにクールダウン

結局会社にほだされて終わっただけのようでした・・

 

 

収束したというものの、問題が解決されたわけでは全くありません

ギャラの配分や芸人の待遇改善

反社会的な勢力の排除やパワハラ体質など

吉本にはまだまだ問題が残されたままです

 

こうした問題が全てうやむやにされたままで終わった吉本の問題

「吉本お家騒動」の画像検索結果

この機会に全ての膿を出し切り、

所属する全ての芸人のためにも、体質改善に向け動いてくれることを祈ります