ニュース

新元号【令和】に「昭和と被ってる」の声!これまでの【?和】元号はいくつあった?

新元号「令和」が発表されて、老若男女問わず話題になっていますね。

個人的には「字面がなーんかカクカクしてるなぁ」と思ったワケですがw

ネットでは「昭和」と被ってるなんて言われていたり、微妙と言われていたり…

早速賛否両論な「令和」をチェックしていきたいと思います。

スポンサードリンク


新元号発表で「令和と昭和が被ってる」との声が

確かに、平成を挟んでの「和」の字、被っているように感じるのも分からなくはないですね。

でも、「昭」と「令」では画数も字面もずいぶんと違いますし、見間違えるなんてことはよっぽどないハズ…

特別差し支えないように思います。

まぁ、「被ってる」と感じた人は

「もっとオリジナリティある、斬新なものがよかった!!」と思ってたのかもしれませんね。

スポンサードリンク


これまでにも「○和」の元号は19個もあった

「かぶってる」とはいいますが、日本のものってよく「和」の字使いますよね。

実はこれまでにも、「○和」という元号は19回使われたことがあるんです。

平安時代

承和 任和 応和 安和 寛和 長和 康和 養和

鎌倉時代

正和

南北朝時代

弘和 承和 文和 永和

江戸時代

元和 正和 天和 明和 享和

そんで、「昭和」ですね。

こうなってくるともう「かぶってる」どころの話ではないような…w

やっぱり「和」という字が好きなんじゃないでしょうか、日本人は。

20回目というキリのいいタイミングの「令和」

耳馴染みするまではちょっと違和感があって嫌かもしれませんが、古くから大切にされてきた「和」を大切にしていける時代になるといいですね!

スポンサードリンク