ニュース

「早すぎる…」さくらももこ死去でちびまる子ちゃんの今後はどうなる?

2018年8月27日、【ちびまる子ちゃん】【コジコジ】で有名な漫画家

さくらももこさんがお亡くなりになられました。

53歳という早すぎる死を悼む声も聞かれる中、今後の【ちびまる子ちゃん】の放送の行方が気になっておられる方もいらっしゃいます。

チェックしていきましょう☆

スポンサードリンク

さくらももこが乳がんで死去のニュース

2018年8月27日、寂しいニュースが飛び込んできました。

漫画家・さくらももこさんが、2018年8月15日に乳がんで亡くなっていたことを「さくらプロダクション」が公表したのです。

ネットニュースでも速報で伝えれたこの訃報に、サーバーにアクセスが集中してしまい繋がらないという事態も起こっています。

さくらプロダクションの公式サイトでは、次のようなコメントが掲載されています

さくらももこは、平成30年8月15日午後8時29分、乳がんのため永眠いたしました。(享年53) これまで温かい応援をして下さったファンの皆様、お世話になりました関係者の皆様に深く感謝致しますとともに、ここに謹んでご報告申し上げます

53歳、まだまだお若いですよね。

そして、さくらももこさんが乳がんだったということも、実はあまり知られていなかったのではないかと思います。

さくらももこさんは、漫画家としてだけでなくエッセイストとしても有名で、自分も子供ながらに『もものかんづめ』はよく読みました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

もものかんづめ (集英社文庫) [ さくらももこ ]
価格:421円(税込、送料無料) (2018/8/27時点)

 

ウチの娘ーズにも、もう少し大きくなったら読んでもらいたいなぁと感じるエッセイは他にも多く、語り口が独特ですごく素敵なんです。

さくらももこ53歳の早逝に「早すぎる」と悲しみ声

日曜日の夕方6時、といえば【ちびまる子ちゃん】

自分が幼かった時にはそれが当たり前で、大人になった現在も続いているご長寿アニメ番組ですから、原作者さんや声優さんが死を迎えることもあるのでしょうけど…

それでもやはり、53歳というのは早いと感じざるを得ません。

スポンサードリンク

【ちびまる子ちゃん】の今後は?9月2日は追悼回か?

さくらももこさんがお亡くなりになって、今後【ちびまる子ちゃん】の放送はどうなっていくのか…気になる方もいるでしょう。

当たり前のようにあったものがなくなるかも、という不安もあるかもしれません。

「さくらプロダクション」では、先ほどの訃報のお知らせに続き、

作品を描けること、それを楽しんで頂けることをいつも感謝していました。これからも皆様に楽しんで頂けることが、さくらももこと私達の願いであり喜びです

とコメントをしています。

「これからも」とあるので、早々の打ち切りということはないでしょう。

また、フジテレビの番組スタッフも、放送は継続していくと発表してくれました。

2018年5月に西城秀樹さんがお亡くなりになったときも、「どうなっていくのか」といったことは話題になりましたよね。

それだけ、世間にとって身近な【ちびまる子ちゃん】ですから、変わらず日曜日の夕方会える「まるちゃん」でいてほしいですね。

また、さくらももこさんが亡くなったことが明らかになって最初の放送となる、2018年9月2日の放送について。

もう声優さんたちの収録は終わっていると思いますので、通常のストーリーが放送されるのではないかと思います。

追悼の意として、まる子がさくらももこさんへ向けてコメントをする可能性はあるかもしれませんが…1回分まるっと追悼回にはならないのではないでしょうか。

なぜなら「さくらプロダクション」とさくらももこさんは、皆に楽しんでもらうことを願っているから。

「あぁ、【ちびまる子ちゃん】がやっているな。日曜日なんだな。」とほっこりとした団らんの時間を、これからも絶えず提供してくれることでしょう。

※追記※

2018年9月2日の【ちびまる子ちゃん】は、内容を変更し

1990年1月放送の第1話をリメイクした「まる子、きょうだいげんかをする」が放送されることになりました。

これは、原作25周年を記念して2011年10月に放送されたもので、このときのお姉ちゃん役は、2016年5月に亡くなられた水谷優子さんです。

懐かしい声に再会できる、すてきな追悼回になりそうですね。

スポンサードリンク